ぐうたら主婦のダイエット日記~58歳76キロからの挑戦!

リバウンドはもう嫌!ゆっくりでも健康的に長く続けられる方法で-20キロ目指します

満腹ホルモン「レプチン」 ~ダイエット115日目~


◎満腹ホルモン「レプチン」について調べてみました。

「レプチン」は脂肪細胞から分泌され、食べるのをやめるように命令するホルモンです。「痩せるホルモン」とも言われています。


身体に脂肪が増えて来ると満腹中枢を刺激して「もう食べるのを止めなさい」と食欲を抑えてくれます。
そして、交換神経に作用してカロリーの消費を促し脂肪を燃焼してくれます。

痩せたいと思ってる人にとって、何ともありがたいホルモンではありませんか。

脂肪細胞から分泌されると言う事は、体脂肪がたくさんあればレプチンがたくさん分泌されて少食になる。
て気がするけど・・・実際には、そうはなりませんよね。

実は脂肪が増えすぎるとコントロールが上手く出来なくなるそうです。

このへんは難しくてよくわかりませんが・・・

体脂肪が多くて、レプチンの分泌が過剰になってくると、脳が「もういらない」とレプチンを拒否するようです。

BMIが25以上だとこの状態です。

だから、肥満体形の人はレプチンをたくさん分泌する事よりも、上手く働かす方法を考えた方がいいようです。


その方法のひとつが、良く噛んでゆっくり食べる事です。

レプチンが分泌されるのが、食事を始めてから20分後なので、早食いするとレプチンが満腹中枢を刺激する前に食べ過ぎてしまいます。

食事前にガムを噛むと言う方法もあります。食事開始時間を脳に勘違いさせるんだそうです。


もうひとつは血中のレプチン濃度を下げる方法です。
大豆製品や野菜をたくさん食べると、レプチンを適性な量に調整して、活性化してくれるそうです。


睡眠も大切です。
レプチンに上手く働いてもらうには8時間の睡眠が必要だそうです。
逆に睡眠不足になると食欲を増やすホルモン「グレリン」が増えます。


せっかく「痩せるホルモン」と言われるものがあるんです、上手く利用したいですよね(^^)



💠ダイエット 115日目💠

今朝の体重 68.5キロ
(前日比 -200g)


🍴昨日の体重🍴

【朝食】
もち麦ご飯(90g)
わかめスープ
茹でブロッコリー
ポークビッツ(7本)
鮭フレーク

【昼食】
ブラン食パン(1枚)
スライスハム(1枚)
とろけるスライスチーズ
コーンスープ
野菜ジュース
魚肉ソーセージ(1本)

【夕食】
焼き鳥(3本)
きゅうりとわかめの酢の物
レタス
トマト
ゴマドレッシング

【間食】
ヨーグルト

【サプリ】
こなゆきコラーゲン
みらいのこうそ
八百屋ファイバー
タンパクオトメ
牛乳


※摂取カロリー 1386
※消費カロリー 1632



体重200g減!
これだけでも凄く嬉しい(*^^*)

朝からテンション⤴️⤴️⤴️(笑)



☆今日も読んで下さってありがとうございました❤️
スターもいっぱいありがとうございます。
ダイエットの励みになります(*^^*)
コメントも頂けたら嬉しいです🎵


ブログ村にも参加してます。
宜しければポチッと応援お願いします<(_ _*)>


にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村